投資用不動産、マンション経営のことなら、ランドパワーへ

投資用マンション事業

資産運用型ワンルームマンションの販売、管理、売却、アフターフォローの他、

最適な資産運用のご提案までトータルでサポートいたします。

「マンション経営」って何?

「マンション経営」とは、購入したマンションを第三者に賃貸することで毎月安定した家賃収入を得ることです。物件の購入費用が必要となりますが、月々のローン支払いは家賃収入で賄うことができるので、まとまった初期費用がなくても少額で始められます。ランドパワーでは、都心での入居需要が高いワンルームマンションを豊富に取り扱っており、安定した家賃収入が期待できます。

家賃保証があればさらに安心

せっかくマンションを購入したのに入居者が決まらなかったらどうするの?という不安を解消するのがサブリース契約。入居者の有無に関わらず設定賃料の90%を保証します。ランドパワーでは立地や環境に優れ、高い入居率が見込める投資用マンションを厳選して販売していますが、家賃保証を付けることで空室リスクを回避できます。

「マンション経営」のメリット

ライフプランを立てる上でとても理にかなっているのが「マンション経営」。お子さまの教育、結婚、セカンドライフ、介護、相続など長い人生にはお金が必要になるシーンが数多くありますが、それらすべてのシーンをサポートできるオールマイティーな投資こそマンション経営であると私たちは考えています。ご家族への保障になる、将来の年金をサポートできる、節税効果を見込める、ライフプランの面から見ても、資産運用の面から見ても、とても優秀であると言えるのです。

月々安定した家賃収入が見込めるのはマンション経営の大きなメリット。年金制度が危機に瀕しているといわれている今、将来受け取れる年金もあてにできません。公的年金だけでは将来が不安な時代、マンション経営による家賃収入がゆとりある老後生活を支えてくれます

生命保険のように使えるのもマンション経営のポイント。ローンを組んでマンションを購入した場合、「団体信用生命保険」が組み込まれています。ローン返済中にオーナーさまにもしものことがあった場合、残債の全てがこの保険から支払われます。残されたご家族に返済義務は生じません。

税金面でもメリットがあるのがマンション経営。ローン返済をしながら家賃収入を得ている場合、ローンの利息部分に関しては、必要経費という扱いになり、所得税や住民税がある程度、還付・軽減されるケースもあります。また、マンションを相続する際には、現金の場合に比べて大きな節税効果になる場合も

マンション経営は中長期の資産運用を効率的に行えるのが強み。多くの金融商品は、専門知識やマーケット動向のチェックが必要とされます。また、利回りの良い金融商品には高いリスクも。それらと比べて、マンション経営は立地や管理などを厳選することでリスクを回避でき、仕事をしながらでも安定的に資産形成ができます

ランドパワーで始めるマンション経営

中小企業ならではの機動力とかゆいところに手が届く対応力で、投資用マンションを購入されるお客さまをフルサポートするランドパワー。私たちが取り扱っているのは、大手不動産会社「青山メインランド」のハイクオリティーなマンションブランド「メインステージ」。首都圏を中心とした人気の高い立地、駅近、アクセスの良さなどにこだわった良質な物件ばかりです。

つよぽんコラム 「人口減少傾向の日本でマンション経営は本当に大丈夫!?」

近年の日本では、少子高齢化の影響もあり、人口が減少傾向にあるといわれています。賃貸のニーズが減少してしまうのではないかと懸念する方もいるでしょう。しかし、首都圏・大都市に限っては、今後も安定した人口の推移が予測されています。以下のデータを見てもわかる通り、首都圏でのマンション経営は最適であるといえます。

人口ランキング上位は、首都圏・大都市が独占。

東京都への人口流入は増え続けている。

未婚・離婚・晩婚化などの傾向により、東京都の単身者人口は増加傾向。

もっと知りたい方はこちら

マンション経営について詳しく解説するオリジナルムービーや電子ブックなど、さまざまなコンテンツをご用意しています。ぜひご覧ください。